「おやつの真価」 (エロ無し馬鹿ネタSSです)

1.
 桜田ジュンの知らない内に、激闘を繰り広げている真紅と水銀燈。メイメイとホーリエ、二体の
人工精霊も、それぞれの光の軌跡を描きながら、花火のように激しくぶつかりあい、弾けては交差している。

 ジュンに無許可のまま、指輪を介して力を吸収している真紅は、(この頃、ジュンは寝起きにげっそり
しているのはそのせいである)ついに、水銀燈を追いつめる。
 黒い羽の奔流をはねのけ、刃物のような薔薇の花びらが、水銀燈を襲い、必死にかわした水銀燈の
先に、素早く位置を占めた真紅が立ちふさがる。
「水銀燈・・・ここまでね・・・」
「しっ・・・しぃんくゥゥゥ!まだ、まだよぉッ!」

チリリリリリ・・・・

「あ・・・」
「?」
 周囲に立ちこめる殺気とはまるでそぐわない、可愛らしいベルの音。懐から小さな懐中時計を取り出して、
時間を確認する真紅。
「・・・おやつの時間だわ。」
「は?」
 思わず、ちょっと間の抜けた声で聞き返す水銀燈。
「なんども言わせないで。おやつの時間なのだわ。・・・・決着は、また今度ね。」
 懐に懐中時計をしまい込んで、後はとどめを刺すだけになった宿敵に、あっさり背を向ける真紅。
2.
「・・・・」
 想像していなかった反応に、硬直したまま、無言で真紅を10歩ほど見送ってしまって、
はっと我に返る水銀燈。
「ちょ・・・ちょっと、待ちなさいよぉ、真紅ぅ!!」
「なに?後にして頂戴。せっかくのおやつの時間に遅れてしまうのだわ。」
 真紅に掴みかからんばかりに迫る水銀燈。
「何よぉ!おやつって!!」
「?」
 無言で首を傾げる真紅。
「もう一歩で!あと少しで!私を倒せるでしょお!?ローザミスティカだって、奪えるのよぉ?」
「・・・・でも、おやつの時間だわ。」
「アリスゲームと、おやつと、どっちが大事なのぉ!!」
 思わず胸ぐらを掴む水銀燈を不思議そうに見やって、少しだけ考えて、きっぱりと言う真紅。
「水銀燈。あなたは、おやつの時間の真価を、しらないのだわ。」
「・・・・なぁに、それ・・・?」
 真紅は、胸ぐらをつかんでいる水銀燈の手を無造作に払いのけると、もう一度懐中時計を開いて、
時間を確認して、少しいらだたしげに水銀燈を見下ろした。
「・・・もう、おやつの時間がせまっているというのに・・・
 仕方ないわ。いいこと、水銀燈。
 貴女に、教えてあげる。本当の、おやつの時間の意味を。」
 言葉の中に潜む迫力に、思わず相手の言葉に耳を傾けてしまう水銀燈。

3.
「・・・お父様に・・・完璧な乙女、アリスだと、認めていただく・・・
 そう、姉妹達を全て破って、ただ一人の、至高の乙女とみとめていただく。
 それに匹敵し、あるいは、それを凌駕する、唯一のもの。
 それが、おやつの時間なのだわ。」
 自分の説に絶対の自信を込めて、胸を張る真紅。
「・・・・」
「そう。
 ジュンも・・・この頃は、ようやく、私の下僕としての自覚が出てきたのだわ。」
「・・・・」
「おやつの時間になると、私を、呼んでくれるの。・・・まあ、口調はまだまだ野卑だし、
声量を抑えるのも苦手なようだけど・・・
 その声の中には、主人である私への、無限の敬意と、永遠の愛情が、どうしても
隠せていないのだわ。」
「・・・・」
 止めることも忘れて唖然としている水銀燈に、つい、と真紅は形の良い鼻をそらす。
「そう、そうして、私を、その手で・・・恭しく抱き上げて、席へ運んでくれるのだわ。
 ああ、でも、いくら私への愛情が抑えられないからって、抱き上げたときに、なかなか
離してくれなかったり、頬や髪をやたらと愛撫しようとするのは、まだ子供なのだけれど。」
 実際は、ジュンが抱き上げるまで、じとっとした視線で要求しつづけ、抱き上げたら
抱き上げたで、淑女としてはしたなくない範囲で、しっかりとしがみついてなかなか離さないのも
真紅の方なのだが。

(おい、席についたぞ。真紅。)
(・・・座らせて、髪を整えて頂戴。)
(・・・なんで、毎回・・・)

4.
(そう、もっと優しく・・・いいわ・・・)
(へ、変な声出すなよ!)
(貴方の指は、まるで、美しい戦慄をつむぐよう・・・)
(も、もういいだろ!)

 というやりとりがあるのだが、水銀燈は現場を見ていない。そこで、真紅は、唇の端をつりあげて・・・
どちらかというと、これは水銀燈の笑い方だが・・・水銀燈に、艶やかな嘲笑を向けた。

「水銀燈・・・貴女、殿方に、抱きしめてもらったことって、ある?」

 唖然としていた水銀燈に、質問の内容がしみこむまでの一瞬の後、真っ赤になって叫ぶ水銀燈。
「・・・・なっ、何を!!」
「そう、しかも・・・自分を心から慕ってくれている殿方から、かくしきれない愛情をこめて、
優しく抱きしめて、愛撫してもらったことは?」
「なっ、なっ、何・・・・!!」
「無いのね。その様子だと、ただの一度も、無いみたいだわ。」
 庭師の鋏のような鋭さで、斬って捨てる真紅。
「可愛そうな娘・・・
 あの心地よさを、知らないのね。
 自分の欲望を必死で抑えて、自分を呼ぶ殿方の声。私がそばに寄り添うだけで、高鳴る鼓動を
 抑えられない殿方の、細工物を扱うような、頬を撫でる手の優しさを。」
 思いも寄らない攻撃に、沈黙してしまう水銀燈。彼女は、一切人間とは契約せず、狂気に近い使命感と、
「お父様」への想いだけで、長い長い年月を戦い続けてきた。「真紅の言うようなこと」の経験があるはず
がないのだが・・・そう言う真紅も、当然、事実はこうである。

5.
(ジュン・・・たまには、肌をふいて頂戴。淑女は、肌の手入れも欠かさないものだわ。)
(なっ、なんだよ!服着ろよ!)
(のりが、服を洗濯してくれたのだわ。お風呂にもはいっていらっしゃいって・・・)
(じゃあ風呂いけよ!)
(雛苺達が入っているのだわ。主人の身だしなみの手伝いも、従者の大切なつとめよ。)
(自分でやればいいだろ!)
(・・・私の球体関節は・・・背中に手が届くようには、できていないの・・・)
(わかった、わかったよ!)
(そう、良い子ね、ジュン・・・)
(背中だけだぞ・・・)
(そう、お湯を良くしぼって・・・優しくね。乙女の肌は、とても繊細なのだから・・・)
(・・・こ、こうで、いいのか?)
(ああ・・・そう・・・とても、とても良いわ・・・ジュン、もっと、そう・・・ん・・・・)
(だから、変な声を出すなって!!)
 露骨な優越感を示しながら、じりじりと後退する水銀燈に詰め寄っていく真紅。
「そ、そんなこと・・・アリスになることに、比べたらぁ・・・・」
「あら。貴女は、その素晴らしさも知らないのに、比べられるの?」
 舞台役者のように、芝居がかった動作で、くるりとスカートを翻して回ってみせる真紅。
「そう・・・私達は、ドールズ・・・人間とは、結ばれるはずはないのに・・・」
 胸の前で手を組み合わせて、眼を閉じる。
「それでも・・・それでも、殿方から、愛情を受けてしまうのは・・・
 あまりに美しく、あまりに魅力的に造って頂いた、私の罪なのね・・・」
 こちらも衝突をやめた人工精霊が、照明よろしく、真紅の周囲を静かに照らす。
なぜかメイメイも一緒に手伝っていたりするが。
「そう・・・そんな殿方に愛されるのは・・・きっと、アリスに選ばれるのぐらい、
幸せで、価値があるのではないかしら・・・」


トップページに戻る
第2部に続く
inserted by FC2 system